福島の酒酵母、5月に打ち上げ 「宇宙のような酔い心地」実現?

宇宙に打ち上げられる酒酵母入りのカプセル

 東日本大震災からの復興を支援する「東北復興宇宙ミッション」の一環で、福島県のオリジナル酒酵母「うつくしま夢酵母」が5月に宇宙へ打ち上げられる。地球帰還後は県内の酒蔵が「東北復興宇宙酒」の醸造に使い、年内にも「宇宙の酔い」が味わえる計画だ。

 フリーズドライの酵母約1グラム入りのカプセル2個を米ケネディ宇宙センターからロケットで打ち上げ、国際宇宙ステーションに約1カ月保管する。帰還後に県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター(福島県会津若松市)で培養し、県内23カ所の酒蔵に配る。

 酵母の出発式が5日、福島市内であり、内堀雅雄知事と有賀義裕・県酒造組合会長がミッション事務局のワンアース(茨城県)の長谷川洋一代表理事に酵母入りカプセルを手渡した。

 有賀会長は「この酵母で醸した酒を飲めば、宇宙に行ったような気持ちになれるかもしれない。夢のある企画であり、新型コロナウイルス禍で清酒の販売量が落ち込む中では久々の明るい話題だ」と意気込んだ。

 長谷川代表理事は「同じ酵母による酒造りを競い合うことで福島の日本酒はますますおいしくなる」と強調。「東北復興宇宙酒」と命名した理由を「今後、岩手県や宮城県も追従できるように」と説明した。

 ミッションは被災自治体の首長らが実行委員会メンバーとなり、震災から10年の3月11日に国際宇宙ステーション内に感謝の横断幕を掲げることなどを予定している。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る