「復興再考」第8部 なりわい(5) 事業をつなぐ/「原価意識」 経営強化へ

取引先で新商品の相談をする東松島長寿味噌の後藤工場長(左)=1月20日、宮城県大河原町

 良い商品をつくるだけでは、会社は生き残れない。

 「原価意識を持て」

 みそ・しょうゆ製造「東松島長寿味噌(みそ)」(宮城県東松島市)の工場のホワイトボードに、最重要事項として記されている。後藤秀敏工場長(52)は、東日本大震災から10年の変化として「作り頭(がしら)として数字を計算するようになった」と語る。

 同社は、震災後の2018年に倒産した高砂長寿味噌本舗(同県石巻市)ののれんと従業員を引き継ぎ、宮城県東松島市の建設業「橋本道路」が同年2月に設立した。

 高砂は前身が1901年創業の老舗。県内有数の味噌ブランドだった。全国の品評会で最高賞を獲得した実績を持つ。石巻市の本社蔵が津波で被災し、05年新設の東松島市のみそ工場に機能を移し、グループ化補助金を活用して拡充を図っていた。

 しかし、みその需要は年々落ち込んでいた。売り上げは減少の一途をたどり、経営不振に陥った。17年には原料不足で生産も滞った。最終的に負債額は約7億5000万円に上ったという。「高砂は高い技術を安売りしていた」と関係者は言う。

 新会社では原価意識の重要性を徹底して説く。「赤字の企業として自覚が生まれた」と後藤工場長。原料費、人件費を可能な限り切り詰める。売れる商品づくりにも励む。

 本業の赤字分を補填(ほてん)し、商品の原価を下げるためには、親会社の委託事業も請け負う。男性従業員はメガソーラーの草刈り、女性従業員はグループ企業が運営する施設の清掃に、それぞれ空いた時間に携わる。社員の1人は「なぜ職人が草刈りをするのかと最初は思ったが、今は大切さを理解している」と語る。

 同社社長を兼任する橋本道路の橋本孝一社長(73)は「伝統と雇用を守る使命感から再生に取り組んだ。品質はもちろん、生産性を高め、従業員と日本一のみそ屋にする」と強調する。

 いつ会社を引き継ぐか。1943年創業、石巻精機製作所(石巻市)の3代目、松本賢社長(67)の思いは、震災をきっかけに一気に現実味を帯びた。

 機器製作や工場のメンテナンスを手掛ける同社は、津波で本社工場と日本製紙石巻工場内の事業所が被災。再開に奔走するさなか、東京で働いていた長女祐佳さん(37)が帰郷、入社を決断してくれた。松本社長は「次に引き継ぐ流れが速まった」と振り返る。

 取締役総務部長に就いた祐佳さんが着実に地歩を固めていた18年2月、松本社長が倒れた。1週間、意識不明が続く。幸い仕事に復帰できたが、「できるだけ早く体制を整えておくことが大切だ」と痛感した。

 19年10月、七十七キャピタル(仙台市)が、株主の一部から株式を引き受ける形で石巻精機に投資した。事業承継に向けて相続税を抑えられる効果がある。

 松本社長は「中小企業は雇用の大部分を維持する国の力そのもの。震災のような困難があっても次世代に引き継ぐことが私の仕事だ」と語り、承継における税制面の優遇措置の必要性を訴える。

河北新報のメルマガ登録はこちら
震災10年 復興再考

 東日本大震災は命、暮らし、教育、社会の在りようを根底から問い直した。私たちが目指した「復興」とは何だったのか。政府の復興期間の節目となる震災10年に向け、その意味を考えたい。

震災10年 復興再考

震災10年 あの日から

復興の歩み

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る