子グマを射殺、無許可飼育の発覚恐れ? 容疑の男2人逮捕

写真はイメージです

 違法に飼っていたクマを射殺したとして、岩手県警奥州署などは16日、動物愛護法違反などの疑いで、いずれも奥州市水沢黒石町、会社役員の男(77)と農業の男(71)を逮捕した。2人は射殺したことは認めているが「狩猟の一環と思っていた」と供述しているという。

 逮捕容疑は昨年11月下旬、会社役員が自宅近くで飼育していたクマを農業の男がライフル銃で射殺した疑い。県警によると、会社役員は昨年6月下旬にシカ捕獲用のわなに掛かった子グマを無許可で飼っていた。

 奥州署で会社役員が猟銃所持許可の更新をする際、署員に飼育していることを漏らしたため、摘発を免れようと狩猟仲間の農業の男に射殺を依頼したという。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る