FAQ

塩釜漁港の東防波堤、さらに60センチ傾く 地震影響か

 宮城県塩釜市の塩釜漁港にある東防波堤(全長約1400メートル)の一部が外洋側に傾いた問題で、宮城県は17日、海上から出ているコンクリート部分が最大約60センチさらに傾いたと明らかにした。宮城、福島両県で震度6強を記録した13日夜の地震が原因とみられる。

 傾斜部分の23・7メートルの撤去工事に今月中…

残り 318文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る