麹甘酒飲んで酒米づくり支援を 天童の出羽桜酒造、CF呼び掛け

 山形県天童市の出羽桜酒造は、山形県産の酒造好適米「出羽燦々(さんさん)」を使った麹(こうじ)甘酒造りプロジェクトのクラウドファンディング(CF)を行っている。新型コロナウイルスの影響で日本酒の消費が落ち込み、原料の酒米の需要も減って余剰が生じる中、栽培農家の生産維持を応援しようと企画した。4月29日まで。
 麹甘酒は、麹だけで造るため自然な甘みが生じる。精米歩合50%の出羽燦々を原材料とし、アルコールはゼロ。雑味のないきれいな味わいを目指す。
 酒米の消費を促すことで作付面積を保ち、技術と手間を要する酒米栽培を守る狙いがある。同社の仲野翔太郎専務は「酒米の栽培は、苗作りから田植え、収穫に約半年かかるため、需要に合わせて生産することが難しい。飲んで支えてほしい」と話す。
 CFの寄付者への返礼品は麹甘酒(750グラム)に加え、精米歩合50%の出羽燦々を使った純米酒(四合瓶)なども用意しており、飲み比べができる。麹菌の酵素で米のでんぷん質を糖に変える甘酒に対し、日本酒はさらに、その糖分を酵母が食べてアルコールを生成する。
 寄付額に応じ、返礼品の本数や、麹甘酒と日本酒の組み合わせが決まる。連絡先は同社023(653)5121。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る