<ストーリーズ>地元愛する優しい母に/金崎瑞季さん(26)岩手県大槌町

【2021年2月】岩手県大槌町を見渡せる高台で、海晴ちゃんを抱きかかえる金崎さん。「家族で一緒にいる時間が幸せ。息子にも地元を愛する強い男になってほしい」と話した
1/3

 避難所で救援物資を配っていた女子高校生は、笑顔あふれる優しいお母さんになっていた。
 岩手県大槌町の理容師金崎瑞季さん(26)。現在は、夫晃洋さん(29)、長男海晴(かいせい)ちゃん(1)と暮らす。
 「津波で町が海のようになって、やばいと思った」。震災当時は大槌高の1年生で、高台の校舎にいた。自宅は全壊したが、家族とは無事に再会できた。
 その後、避難所生活が続いた。先が見えない状況の中、ボランティアで訪れた理容師がみんなを笑顔にする姿に憧れた。いつしか同じ道を目指し始めた。
 高校卒業後に埼玉県で理容師の資格を取得し、2015年に町へ戻って仕事を始めた。「離れて初めて地元の良さに気付きました」。都会にはない自然や人の温かさにあふれていたんだと実感した。
 今は隣接する山田町の理容店で働く。長男が小学校に入るまでに自分の店を開くのが目標。大工を営む晃洋さんが建築すると言い、夫婦で構想を練るのも楽しみの一つだ。
 海晴ちゃんにはずっとこの町に住み続けてほしいと願う。「私にとっての夢の国は、ディズニーランドとかじゃなく、大槌だから」とおどけて笑顔を見せた。
(写真部・坂本秀明)

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

先頭に戻る