乗客に震災体験語り継ぐ 三鉄が「リレー列車」運行

 岩手県沿岸を走る第三セクター三陸鉄道(岩手県宮古市)は11日、東日本大震災の発生から10年に合わせ、「3・11を語り継ぐ 感謝のリレー列車」を運行した。盛(大船渡)-久慈間のリアス線全線163キロを4時間半かけて走り、社員が震災当時の出来事や感謝の思いを語った。

 県内外から30人が参加。7人の社員…

残り 442文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ