宮城県教委 21年度異動は3700人規模で調整

 宮城県教委は16日、県立高の校長など2021年度の定期人事異動の最終調整に入った。定年退職する仙台三桜の阿部智校長の後任に、大坪泰久白石工校長を起用する見通し。24日に発表する。

 小中学校、高校、特別支援学校を含む全体の異動規模数は、例年より多い約3700人程度の見込み。退職者数の増加に伴い、公立…

残り 243文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ