原子力規制委「福島原発の廃炉手続きは従来通り」

 原子力規制委員会は17日の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発7号機の燃料装填(そうてん)に必要な手続きを当面、保留する方針を決める一方、福島第1、第2原発の廃炉手続きは従来通り進める考えを示した。

 会合後の定例記者会見で、更田豊志委員長は「福島第1、第2は廃炉というリスクを下げる作業をしている。柏崎刈羽の不始末のためにリスクを下げる活動まで止めるのは良くないと判断した」と説明した。

 さらに、「東電は柏崎刈羽だけではなく、自社の全ての原発に関して責任を負っている。今回の問題は東電の組織全体に関わる議論に及ぶ」と言及。全国の原発で検査を強化する必要性について「当然、問題意識は持っている」と述べ、前向きな考えを示した。

 東電は、福島第1原発の廃炉に必要な設備の設置計画などを申請している。第2原発は廃止措置計画の審査中。建設中の東通原発(青森県東通村)は、新規制基準への適合性審査の申請をしていない。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る