FAQ

両陛下、宮城を見舞う 県内の住民らとオンラインで

 天皇、皇后両陛下は17日、住まいの赤坂御所で、東日本大震災の発生から10年が経過した宮城県内の住民らをオンラインで見舞われた。復興に向かう地域の歩みを思いやり、被災者の心の再生を願った。

 両陛下は村井嘉浩知事、菅原茂気仙沼市長、斎藤俊夫山元町長から復興状況について説明を受けた。ハード面の復旧が進む…

残り 306文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る