桜前線 東北入り いわき・小名浜で開花、観測史上最速

花を咲かせた旧小名浜測候所のソメイヨシノ=22日午後2時30分ごろ

 福島県いわき市にある旧小名浜測候所で22日、標本木だったソメイヨシノが咲き始め、地元の市民団体などが開花を宣言した。1953年の観測開始以降、最も早い開花となり、桜前線が東北に入った。

 かつての標本木3本のうち1本で基準となる5輪以上の開花が確認され、計20輪以上が春を思わせる風に揺れた。3月に入って暖かい日が続いた影響で、昨年より2日、平年より13日早い。

 小名浜測候所は2008年、無人化に伴い閉鎖。09年以降は市民団体と測候所OBらが観測を引き継ぎ、開花を宣言している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る