仙台の飲食3000店 宮城県が無料PCR 申し込み来月2日まで

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、宮城県は25日、仙台市中心部の飲食店約3000店の従業員向けに、無料のPCR検査を実施すると発表した。無症状者を早期発見し、飲食店を介した感染拡大を防ぐのが狙い。同日から順次、申込書を発送する。

 対象区域は青葉区の中央1~4丁目、一番町4丁目、国分町1~3丁目。JR仙台駅西口から市役所までの繁華街をカバーする。

 検査を希望する飲食店に、従業員が自ら唾液を採取できる検査キットを人数分郵送し、返信してもらう。検査に協力した店は、県のホームページに店舗名を掲載できる。

 申し込みは4月2日まで。連絡先は県食と暮らしの安全推進課022(211)2645。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る