宮古と盛岡結ぶ横断道路が全線開通 所要時間 約40分短縮

宮古盛岡横断道路が全線開通し、通り初めをする車両=宮古市(写真の一部を加工しています)

 東日本大震災で被災した岩手県宮古市と盛岡市を結ぶ宮古盛岡横断道路の全線が28日、開通した。全長約100キロ中66キロを国や岩手県が復興支援道路として整備。2012年時点で約2時間だった両市中心部の所要時間は約40分短縮される。観光や物流の活発化による復興促進に期待がかかる。

 この日開通したのは、宮古市内の3区間計21キロ。達増拓也知事は式典で「震災後、かつてないスピードで整備を進めてもらった。新型コロナウイルスの影響を受けた地域経済の回復の後押しにもなる」とあいさつした。

 東北地方整備局によると、国が整備する未開通の復興支援道路は、福島県相馬市と内陸部を結ぶ相馬福島道路の霊山-伊達桑折両インターチェンジ間(10・2キロ)のみとなった。4、5月の大型連休前後に開通見込みだ。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る