閉じる

国分町「乾杯もできない」「もう限界」 まん延防止措置適用で悲鳴

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が5日、宮城県で適用される。既に1年余り、出口が見えないコロナ禍。猫の目のように変わる施策。東北一の歓楽街、仙台市青葉区の国分町からは「耐えるしかないが、もう街は限界」と悲痛な声が上がる。

 国分町2丁目の「Bar Road(バー ロード)」は2日、1週間…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ