<とびらを開く>集落跡地 交流の場に いわぬまひつじ村

 宮城県岩沼市沿岸部には南北約10キロにわたり、かつては六つの集落がありましたが、東日本大震災による津波で流され、住民は内陸部への集団移転を余儀なくされました。沿岸一帯にはその後、六つの公園と丘からなる「千年希望の丘」が整備され、集落の一つ、「二野倉(にのくら)」の跡地には、羊の牧場「いわぬまひつじ…

残り 1042文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

志民の輪

私たちの周りでは、たくさんの市民団体・NPOが地域課題の解決などを目指して活動しています。「認定NPO法人杜の伝言板ゆるる」と「NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター」が交代で担当し、さまざまな団体の活動や地域課題について伝えていきます。

ライブカメラ