静まり返る飲食店街 まん延防止初日の仙台・国分町

宮城県への「まん延防止等重点措置」適用初日、営業時間が1時間繰り上げられ、店の明かりが次々に消えた仙台市の飲食店街。人通りは少なく、静まり返った=5日午後8時5分ごろ、青葉区の稲荷小路

 新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が始まった5日、宮城県と仙台市は午後8時までの時短営業を要請した市内の飲食店への見回りを開始した。5月5日までの期間中、全約1万店を確認する方針。仙台を除く県内全域の酒類提供店にも、午後9時までの時短営業を要請した。
 運動施設、遊興施設など仙台市内の人が集まる施設には、午後8時までの時短営業を依頼した。
 重点措置の適用について、村井嘉浩知事は5日の定例記者会見で「全国で初めての取り組みで、大きな試金石となる。一日も早く収束させ、全国のモデルになるよう、しっかりと成果を残したい」と述べた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る