療養先を調整中に死亡 仙台の60代男性 新型コロナ

 仙台市は7日、市内の新型コロナウイルス感染者3人の死亡を発表した。このうち60代男性は陽性が判明後、療養先が決まる前に亡くなった。県や市によると、入院・療養先調整中の患者の死亡は宮城県内で初めて。
 市によると、男性は7日午前、自宅で症状が悪化し、医療機関に搬送されて死亡が確認された。死因は不明。同日午前中の医療機関受診を経て、療養先を検討する予定だったという。
 市は男性の陽性判明日を明らかにしていない。担当者は「陽性が確認された段階では、直ちに入院が必要な症状ではなかった」と説明。感染者急増による調整中患者の増加と死亡との因果関係を否定した。
 他2人のうち80代女性は6日に医療機関で死亡が確認された後、陽性が分かった。もう1人は入院中に亡くなったが、市は年代や性別を明らかにしていない。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る