仮設を「卒業」、新たな校舎で始業式

開放的な造りが特徴の新校舎
3/3

 宮城県東松島市鳴瀬桜華小(児童268人)の新校舎が完成し、8日に落成式と始業式があった。
 新校舎は海抜約9・5メートルの高台に整備し、鉄筋コンクリート一部鉄骨3階で延べ床面積約6900平方メートル。教室と講堂、プールを一体にし、仕切りのない多目的スペースを各階に設けるなど開放感のある造りを重視した。総事業費は約42億2000万円で災害復旧費や復興交付金を充てた。
 講堂であった落成式には市や学校関係者、地域住民ら約350人が出席。渥美巌市長は「児童の皆さんが新しい校舎の歴史をつくっていく。地域活性化の拠点になるよう期待したい」と述べた。
 鳴瀬桜華小は東日本大震災で被災した旧浜市小と、旧小野小が統合し、2013年4月に開校した。児童は旧小野小の校舎と敷地内の仮設校舎で学んできた。
 6年成沢秀仁君(11)は「新しい校舎は広くて驚いた。周りに自然と触れ合える場所も多いので、思い出をたくさんつくって卒業したい」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る