FAQ

まん延防止の夜の街、酔い方様変わり 仕事を早めに切り上げて

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が始まり、飲食店での酒の提供終了が早まった仙台市で新たな飲酒スタイルが定着しつつある。「閉店間際に入店したら酒を多めに注文」「仕事を早めに切り上げて飲む時間を確保」といった具合だ。屋外で飲酒する光景も増え、「宵の酔い方」は様変わりしている。
(報道部・大橋…

残り 839文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る