閉じる

「仙台はピークアウト」「措置と無関係に落ち着いていく」 まん延防止1週間で西村秀一氏

 宮城県で新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が始まり、12日で1週間となった。新たな感染は抑制傾向にある。同県での感染拡大と変異株の関係について、国立病院機構仙台医療センターの西村秀一ウイルスセンター長は「不明な部分も多く慎重に考えるべきだ」と指摘する。(報道部・佐藤素子)

感染者増の要因は…

残り 355文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより