商店街の景況「衰退」88% コロナ直撃、宮城県20年度調査

 宮城県は、2020年度商店街実態調査(10月1日時点)の結果をまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大でイベントが延期や中止になったり、来客が減少したりした商店街が8割近くに達し、感染症が厳しい経営環境に追い打ちをかけた状況が鮮明になった。景況について「衰退」「やや衰退」と答えた商店街は合わせて88…

残り 712文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ