商店街の景況「衰退」88% コロナ直撃、宮城県20年度調査

 宮城県は、2020年度商店街実態調査(10月1日時点)の結果をまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大でイベントが延期や中止になったり、来客が減少したりした商店街が8割近くに達し、感染症が厳しい経営環境に追い打ちをかけた状況が鮮明になった。景況について「衰退」「やや衰退」と答えた商店街は合わせて88・1%を占めた。

 調査は17年度以来3年ぶり。県商工金融課の担当者は「コロナとの共存を前提に、新たなリーダーの育成などを通じて商店街の活性化を図りたい」と話す。

 新型コロナの影響(複数回答)は「イベント等の延期・中止」が79・4%、「来街者の減少」が77・5%、「営業自粛等による売り上げの減少」が73・8%に上った。「店舗の閉店」も14・4%が選んだ。

 対策や売り上げ回復の取り組み状況(同)は「共通商品券の販売」が37・5%、「感染症対策の啓発」が31・3%、「デリバリー・テークアウト販売」が27・5%。「特にない」も25・0%あった。

 景況を尋ねたところ「衰退」が45・3%、「やや衰退」が42・8%。「繁栄」はゼロで、「やや繁栄」も3・1%にとどまった。

 衰退要因(同)は「商圏人口の減少」が57・9%で最も多く、前回最多だった「魅力ある店舗の減少」が52・9%。「業種・業態の不足」は37・1%、「大型店の進出」は35・0%だった。

 直面する課題(同)は「後継者不足」が66・9%で最多。「商圏人口の減少」(41・9%)、「集客力のある店舗・業種が少ない、またはない」(36・9%)と続いた。

 後継者がいない店舗は24・9%。後継者対策(同)は「特に行っていない」との回答が75・0%に上った。

 1商店街当たりの平均営業店舗数は、前回調査比3・7店増の39・4店、空き店舗は0・4店減の3・8店。商工金融課は「休止・解散した小規模商店街が調査対象から外れたのが要因」と分析した。

 調査は各地の商工会などを通じて188カ所の組合団体などに実施し、160カ所(85・1%)が回答。配布先は前回調査から23カ所減った。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る