県外から参加の新成人に無料PCR 山形市、5月2日式典

 山形市の佐藤孝弘市長は19日の定例記者会見で、5月2日に開催する成人式に県外から参加予定の新成人に、新型コロナウイルスの無料PCR検査を実施すると発表した。市内でも確認された感染力が強いとされる「N501Y」変異株の拡大阻止などが目的。

 対象は県外在住で式への参加が見込まれる約500人。唾液を検体に用いる検査キットを市が発送し、検査機関で陰性が確認された新成人は出席できる。受検せず来場した新成人には別会場で式典のライブ配信を視聴してもらう。県内在住の新成人は、感染防止策が取られていることなどを理由に対象から外した。

 佐藤市長は「新成人にとって人生で一回きりの儀式なので、対策を徹底した上で開催したい」と語った。山形県が市に出した、25日に期限を迎える緊急事態宣言の解除について「ここ数日は1桁の感染者数で効果は出ている。県とやりとりしながら総合的に判断したい」との考えを示した。

 高齢者を対象に医療機関で実施する新型コロナワクチンの接種を5月26日に始めることも公表した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る