マスク50枚ずつ 全小中学生に 宮城・大衡村

 宮城県大衡村は19日、新型コロナウイルスの感染防止策として、村内の全小中学生に、1人当たり50枚のマスクを配布すると発表した。

 大衡小(児童382人)と大衡中(生徒158人)に20日以降、不織布のマスク50枚を一組にした計540箱を届ける。

 県独自の緊急事態宣言が発令され、政府のまん延防止等重点措置が県に適用されたことを受けた措置。村の予算で前年度に購入した備蓄用のマスクを配る。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る