「岩鉄鉄器」のフライパン、藤崎に売り場開設 24,25日は実演も

岩鉄鉄器のブランドで販売される調理器具

 鋳物製造の岩手製鉄(北上市)は22日、仙台市青葉区の藤崎に鉄器のフライパンの売り場を開設する。軽くてさびにくく、焦げ付きにくいのが特長で、24、25日は実演販売会を開く。

 大町館4階の家庭用品売り場に「岩鉄鉄器」のブランドで売り出すフライパンと、期間限定で鍋を置く。

 長年の製鉄、鋳造で培った独自技術を用いており、昨年度は約1万個を売るヒット商品となった。強みを生かした「BtoC(企業と消費者間の取引)」への進出成功例としても注目されている。

 実演販売は午前11時~午後4時。目玉焼きを焼いたりご飯を炊いたりして特長を紹介する。連絡先は同社鉄器事業グループ0197(73)5121。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る