閉じる

斎藤竹堂(さいとう・ちくどう)―儒学者(大崎市)―月将館の教え 幕末に光

 卓越した文才で幕末の志士や文人に大きな影響を与えながら、今日その業績を顧みる人は少ない。大崎市田尻出身の儒学者斎藤竹堂(1815~52年)を、地元の俳文学史研究者佐々木克郎さん(65)は「夜明け前の明星」に例える。

 竹堂は涌谷伊達家の家臣の家に生まれた。仙台藩校養賢堂を経て25歳で幕府の学問所昌平…

残り 914文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集