感染拡大、モニタリングで探知 宮城在住者に検査始まる

検査希望者(手前左)には説明後、PCR検査キットが渡された=仙台市中心部

 新型コロナウイルスの症状がない宮城県内在住者を対象にしたPCR検査が23日、仙台市中心部で始まった。感染拡大の兆候を早期に探知するため、政府が全国14都道府県で実施するモニタリング検査の一環。

 街頭に設けられたブースで検査キットを受け取り、自宅などで唾液を採取して民間検査機関に送ると、約3日後に結果が通知される。スマートフォンのアプリによる手続きが必要だが、検査は無料。

 この会場では25日まで1日250キットを配布する。検査中を知らせるのぼり旗を見て協力した仙台市青葉区の主婦(65)は「自分自身が感染を広げてはいけないと思っていて、検査に関心があった」と話した。

 今後も街頭での検査を定期的に行うほか、企業や大学などにも範囲を広げる。

 モニタリング検査は2月下旬の栃木県を皮切りに順次始まった。今月19日時点で5万6399キットを配布。3万3616件検査し、31件(0・09%)が陽性疑いだった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る