33万円支援で米沢牛7キロ B2山形の応援プロジェクト始動

 プロバスケットボール男子、B2山形はチーム強化の支援金を募る応援プロジェクトを始めた。協力者には米沢牛など高級な返礼品を届ける。新型コロナウイルスの感染拡大により売り上げが落ち込んだ地元企業を応援する意味も込めた。

 「-MUSUBU-みんなの想(おも)いを結ぶ、ワイヴァンズ応援プロジェクト」の名称で、インターネット限定で実施。支援メニューは最安値の1万1000円から5段階あり、金額に応じて返礼品を受けられる。最高額の33万円の返礼はサーロインステーキ用やしゃぶしゃぶ用など計約7キロ分の米沢牛のセット。他に温泉旅館のペア宿泊券や地酒10本セットなどをそろえた。

 寄せられた支援金は、チームの戦力強化やホーム試合時のサービス向上などに活用する。

 クラブの担当者は「地域に根差すチームとしてさらに発展するとともに、コロナ禍に苦しむ地元企業を応援したい」と意図を語る。

 申し込みはプロジェクトの専用ページから。連絡先はB2山形023(664)3646。

ワイヴァンズ応援プロジェクトの専用ページ
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る