仙台駅西側の人出をデータ分析 まん延防止前との比較

 仙台市に新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が適用された3週間で、JR仙台駅西側エリアの滞在人口が計8日間、適用前週の同じ曜日を上回ったことが、ソフトバンク子会社「Agoop(アグープ)」のスマートフォン位置情報を利用したデータから分かった。下回った日も減少率はほぼ10%前後にとどまり、措…

残り 332文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ