医療現場で続く危機 医師「入院断った」 患者「死も意識」

コロナ患者の処置に当たる看護師ら(東北大病院提供、写真と本文は関係ありません)

 新型コロナウイルス感染患者の受け入れ病院の医師と入院経験のある元患者が河北新報社の取材に応じ、病床逼迫(ひっぱく)が続く宮城県内の医療現場の実態を語った。医師は一般患者の治療が滞る状況に危機感を抱き、患者は対応に忙殺される医療職の姿に不安を募らせている現実が浮かび上がった。

 「本来は入院してリハビリも必要な患者の受け入れを、何度も断念した」。若手の男性医師は、コロナ病床の増加で一般診療が制限されていると明かした。

 勤務先の病院は昨年末、県の要請でコロナ病床を増やした。医療圏でクラスター(感染者集団)が発生したのがきっかけだった。

 フロアで数部屋だったコロナ病床は全部屋に広がった。「コロナ以外の患者は別の科の病床に移動させられた。結果的にどの科も病床が減り、科本来の患者を受け入れられなくなった」

 ある日、数日前から病気の症状があった患者が来院し、磁気共鳴画像装置(MRI)で検査した。通常なら即入院して治療が必要な状態だったが、「コロナで満床です。まだ軽症なので様子を見てください」とわびながら説明し、薬を処方して帰宅してもらった。

 「悪くならないでくれ、と祈るしかなかった。元気なうちに治療をしたいのに医師として力を出し切れない状況だ」と唇をかむ。

 「コロナ当番」もあり、外科や内科の医師が日替わりで入院患者の見回りを担う。「業務量が増え、感染対策にも神経を使う。医師や看護師は相当ストレスを抱えている」という。

 他の病院の医師と無料通信アプリLINE(ライン)で情報交換した。「手術してる? こっちはストップだよ」「今日は救急の患者断った」などと互いに案じ合った。

 「このままでは早期に見つかったがんの手術が延期され、転移して手遅れになるような事態も起こり得る」。男性医師は警告する。

 3月中旬に感染し、仙台市内の病院に入院した同市の40代男性は「生まれて初めて本気で『誰か助けて』と思った」と振り返る。

 男性はPCR検査で陰性となったが、発熱が続き病院で再検査。陽性判定を受けて入院が決まった。

 4人部屋のコロナ専用病床には当初、男性しかいなかったが、翌日には高齢の3人が相次いで入院。看護師らが慌ただしくベッドを整えた。

 入院後、40度近い熱が4、5日続いた。2日目の午前4時すぎ、あまりの苦しさに、もうろうとした意識の中でナースコールを鳴らし解熱剤を求めた。駆け付けた看護師は「今は判断できる医師がいない。待ってください」と告げた。

 「先生(医師)がすぐに診てくれないと分かり、とてつもなく不安な時間を過ごした。死も意識したが、家族のことを考えて『絶対に死ねない』と自分に言い聞かせた」

 医師は毎朝1回、病室を訪ね「どうですか」などと患者に声掛けしたが、他の業務は全て看護師が担った。防護服を着て体温や血圧を測り、点滴の針も頻繁に取り換えた。病院食代わりの弁当を配り、食欲のない患者には口に食べ物を運んで介助していた。

 点滴を約1週間打ち続けて回復し、3月末に退院した。「感染する恐れがある中で働く医師や看護師には感謝の言葉しかない」と男性は言う。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る