宮城東部、明け方まで大雨の恐れ

雨が降り続いた大型連休の初日。街は傘の姿が目立った=29日午前8時半ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅前

 大型連休初日の29日、宮城県内は前線を伴った低気圧が接近した影響で、朝から雨が降り続いた。朝のJR仙台駅前では、ほとんどの人が傘を差して目的地へと向かった。

 仙台管区気象台によると、低気圧は29日夜から未明に最も県内に近づき、夜から明け方にかけて局地的に大雨が予想される。

 30日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で東部100ミリ、西部50ミリ。30日にかけて予想される最大風速は東部で海上18メートル、陸上13メートル。

 気象台は暴風や高波、大雨による土砂災害などに警戒を呼び掛けている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る