難解な水道「みやぎ方式」 概要や議論の進行状況を整理

 上下水道と工業用水の運営権を一括して民間に売却する全国初の取り組み「みやぎ型管理運営方式」で、宮城県議会6月定例会での関連条例案可決を目指す県企業局は4月27日、県民向けの事業説明会を始めた。初日の県南会場では参加者が午前、午後の2部で計32人にとどまり、関心の低さが浮き彫りになった。難解とされる…

残り 1270文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ