店名公表「単なる罰に」 実効性や合理性に疑問の声

 宮城県が7日に発表した時短営業命令と店名公表について、飲食関係者や識者は実効性や合理性を疑問視し、手続きの不透明さを懸念する。

 「(11日の)重点措置解除間際では遅すぎる。単なる罰則になり、感染拡大を食い止めるという本質から離れてしまった」。仙台市青葉区国分町地区の事業者でつくる一般社団法人国分町…

残り 496文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ