閉じる

処理水放出、海外向け情報発信急務 風評「逆輸入」の構図も

 東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府方針を巡り、海外で懸念や反発の声が相次いでいる。福島県産食品への輸入規制措置は10年にわたって続いており、関係者は風評被害の再燃によるさらなる状況悪化を懸念する。政府の対策は具体化されておらず、識者からは情報公開の徹底を求める声が上がる。

 「世界中への…

残り 880文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ