閉じる

「エシカル消費」の輪広がる 損得よりも倫理性 食品からファッションまで

 「エシカル(倫理的)消費」という言葉を最近耳にします。目先の損得ではなく、社会のためになるかどうかを基準に買い物をする消費スタイルを指します。何だか小難しいと思われがちですが、食品ロスやごみ削減に配慮した食べ物を選ぶ、衣類をリユースするなど、私たちにもできることがあります。
(生活文化部・菊地弘志)…

残り 1629文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより