故郷離れて(2)京都・西山祐子さん 関西と福島、交流橋渡し

祐子さんが営む「きのわ」は避難者の心のよりどころだ=4月29日、京都市伏見区
1/2
河北新報のメルマガ登録はこちら
震災10年 あの日から

 東日本大震災を経験した一人一人に、それぞれの震災があり、災後の歩みがある。あの日からの軌跡をたどる。

震災10年 復興再考

震災10年 あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る