[写真特集]五輪エンブレムの「原点」、牛タン店に?

野老さんの作品が並ぶ店内

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレム作者の美術家野老(ところ)朝雄さん(52)が手掛けた壁面装飾が、JR仙台駅近くの牛タン店「伊達の牛たん本舗」に飾られている。6作品あり、高さはいずれも約2メートル。幅は約0・65~4メートルと異なる。表と裏に色違いの同じ模様を表現したものが一つの作品になっている。幾何学模様のデザインに彩られた空間で味わう食事は、特別なひとときになりそうだ。外出や外食が思うようにできない日々が続く中、店内の全作品を紹介する。

牛タン料理店に飾られている野老さんの作品
野老さんの作品が並ぶ店内。感染対策のアクリル板を外して撮影した

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る