ワクチン個別接種の医療機関 公表せず 気仙沼市

 宮城県気仙沼市の菅原茂市長は18日、25日に始める65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン個別接種について、対応する医療機関名を当面、非公表とする方針を明らかにした。本来は18日に公表予定だった。

 定例記者会見で示した。個別接種に対応する医療機関に電話予約が集中するなど混乱を避けるためという。一部の機関では既に予約を受け付けており、接種は予定通り25日から行う。

 同じ25日からの集団接種は13日に予約を始め、17日時点で1万4545人(63・7%)を受け付けた。電話予約がつながりにくい状態が続いており、市は21日まで午前9時~11時半、市役所ワン・テン庁舎や各公民館などで職員がインターネット予約を支援する。接種券の持参が必要。

 菅原市長は「なるべく早く個別接種の医療機関を公表できるよう、医師会との調整に努める」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る