<アングル宮城>時超えた宝 後世に 多賀城・埋文調査センター

<接ぐ>40個以上の破片を接着剤で組み合わせてやっと完成する古代のつぼ。センターの収蔵庫には埋蔵物が入った縦54センチ、横35センチ、深さ15センチの箱が約1万1000個も保管されている
4/9

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

企画特集

先頭に戻る