徳仙丈山、燃え上がる ツツジ50万本満開<気仙沼・南三陸ウイーク>

徳仙丈山のツツジ満開

 日本有数のツツジの名所、宮城県気仙沼市の徳仙丈山(711メートル)でツツジが満開となり、山一面を赤く染めている。

 山裾から山頂付近の約50ヘクタールで、自生のヤマツツジとレンゲツツジの計約50万本が咲き誇る。市によると、今年の生育は順調で、色付きもいいという。連日家族連れなどが訪れ、爽やかな空気を吸いながら美しい景観を楽しんでいる。

 見頃は今週末まで。例年約2万人が訪れるが、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため入山が規制された。市は今年も登山中のマスク着用などを呼び掛けている。

見頃を迎えたツツジ。燃えるような赤色で山を装った=気仙沼市の徳仙丈山

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る