飲食店従業員の無料PCR検査 仙台市、26日から受け付け

仙台市役所

 仙台市が飲食店従業員を対象に、無料で実施する新型コロナウイルスPCR検査の申し込み受け付けを26日に始めることが24日、分かった。実施期間は10月31日までの5カ月間。飲食店の安心安全な環境を確保し、地域経済の回復につなげる。検査に協力した店が希望すれば、店名や住所を市ホームページ(HP)に掲載する。

 食品衛生法の営業許可を取得している市内の飲食店約7900店の従業員約4万人のうち、無症状者を対象にする。雇用形態や居住地は問わない。市は4割に相当する約1万6000人が月1回、受検すると想定する。テークアウト専門店は対象外とした。

 市は26日、各店に検査の案内とファクス用の申込書を郵送する。希望する店舗は案内に記載のQRコード、市HPから専用サイトにアクセスするか、ファクスで申し込む。約1週間後に委託業者から検査キットが届く。唾液で検体を採取し、店でまとめて返送する。

 検査は医療法人社団にしたんクリニック(東京)に依頼。結果は返送後、2~7日で判明するという。

 陽性の場合、同クリニックが本人に連絡し、医師が電話で無料診察する。東京都の感染者として公表されるが、居住地を管轄する県内の保健所が積極的疫学調査、入院・宿泊療養などの調整に当たる。陰性の場合も検査キット返送時の登録メールに結果を通知する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る