FAQ

宮城の生食用カキ、出荷期間延長 6月末まで1カ月、3年間試行

 宮城県特産の生食用カキの出荷期間が今季、従来の5月末から6月末まで延長されることが分かった。沿岸部でのまひ性貝毒による出荷への影響や、新型コロナウイルス下での価格低迷などを踏まえた暫定措置。3年間の試行期間を設け、生産者側は衛生管理に万全を期して販売拡大を図り、本格運用を目指す。

 県の指導指針は、…

残り 709文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る