<アングル宮城>奮闘 地域のために コロナ下の新社会人

<修練>研修所にある高さ20メートルの送電鉄塔で訓練に励む村上登晴(とうあ)さん(18)。高校から憧れていた会社でライフラインを支える仕事に就く。「地域の方々が安心して暮らせるよう尽くしたい」と話す=18日、富谷市のユアテック人財育成センター
2/6

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

企画特集

先頭に戻る