新型コロナ 青森・岩手・秋田・山形・福島の感染者(3日)

青森10人

 青森県は3日、10~60代の男女10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計2393人。
 10人の居住地は青森市5人、弘前保健所管内2人、八戸市、上十三保健所(十和田市)、むつ保健所管内が各1人。青森市内の保育施設で起きたクラスター(感染者集団)は1人増え、8人になった。

岩手7人

 岩手県と盛岡市は3日、10~70代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計1472人。
 新規感染者の内訳は、盛岡市6人、中部保健所(花巻市)管内1人。

秋田2人

 秋田市は3日、60代と90代の女性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。共にクラスターが発生した市内の介護老人保健施設「千秋苑(えん)」の入所者。県内の感染確認は計760人(再感染者を含む)。

山形7人

 山形県と山形市は3日、小学生から70代までの男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地別に南陽市4人、山形市2人、米沢市1人。重症者はいない。県内の感染確認は計1978人。
 県内の医療機関に入院していた患者1人の死亡も発表し、死者は計43人となった。

福島10人

 福島県は3日、20~70代の男女10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は郡山市3人、福島市、いわき市各2人など。県内の感染者は計4612人。医療機関に入院中の90歳以上の女性ら3人が死亡したことも公表した。県内の死者は計147人。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る