ALSの進行に関わる遺伝子を特定 東北大チーム

 東北大大学院医学系研究科の青木正志教授(神経内科)らの研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の運動に関わる神経細胞「運動ニューロン」で、病気の進行に重要な役割を果たすとみられる遺伝子を新たに特定したと発表した。

 ALSは全身の運動ニューロンが変性して全身の筋肉が徐々に萎縮し、体が動かせなくなる難病。これまでに複数の原因遺伝子が特定されている。

 研究チームは、ALS患者と健常者双方の血液中細胞から作成したiPS細胞で運動ニューロンを作成。ALS初期に影響を受ける「軸索」と呼ばれる突起部分の長さなどを比較した。

 その結果、患者の運動ニューロンは健常者に比べ軸索の長さが短かった。さらに解析したところ、神経の成熟に必要な「PHOX2B」と呼ばれる遺伝子の発現が減ったことが分かった。

 モデル生物のゼブラフィッシュでこの遺伝子の発現を抑えると、ゼブラフィッシュの神経突起部分の長さが短くなり、運動機能が低下した。

 PHOX2Bは、ALSの進行中も比較的損傷が少ない動眼神経や自律神経細胞では発現が多く、特定の運動ニューロンを変性させるメカニズムの解明につながるという。

 青木教授は「ALS治療の標的になり得る遺伝子が見つかった。研究を重ねて患者の治療につなげたい」と話す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る