アクアマリンふくしま 安部館長退任へ

安部義孝館長

 いわき市の水族館アクアマリンふくしまを運営する財団法人ふくしま海洋科学館は7日、2000年の開館から館長を務めてきた安部義孝氏(80)が、28日までの現任期で退任すると発表した。

 安部氏は1940年東京都生まれ、東京水産大(現東京海洋大)卒。東京都葛西臨海水族園長、上野動物園長などを経て、館長に就任した。2005年から財団法人の理事長も務める。

 構想段階からアクアマリンに関わり、環境水族館として特色ある施設運営を実現した。同館が開館以来取り組んできたシーラカンスの調査・研究を率いたほか、東日本大震災後4カ月で施設再開にこぎ着け、地域の復興を後押しした。

 安部氏は「地域や国内外の水族館の支援に感謝したい。海洋、水産国家のシンボルとして(施設の)輝きが保たれることを祈念している」とコメントした。退任後は名誉館長に就く。

 後任の理事長兼館長は7月上旬に決まる見通し。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る