半田卯内(はんだ・うない)ー旧登米郡長(登米市)ー沼干拓 産業発展の礎に

かつて中田沼があった一帯は、見渡す限り水田が広がる=登米市中田町石森
自宅に残る卯内の写真を示す半田淳子さん=登米市迫町佐沼
半田卯内
戦時中に供出され1962年に再建された卯内の胸像=登米市迫町の鹿ケ城公園

 平成の大合併で2005年、登米市に合併した旧中田町。町名の由来となった中田沼は干拓工事で姿を消し、現在は見渡す限り水田が広がる。その豊かな実りは当時の財政を潤し、鉄道や教育機関の充実など地域インフラの礎を築いた。
 4年にわたる干拓工事を指揮したのが登米郡長だった半田卯内(1851~1937年)だ。卯内は登米市迫町佐沼の有力者・半田家の長男として生まれた。ハリストス正教の洗礼を受け、その仲間と商社「佐沼広通社」を起こすが、コメ相場で失敗、卯内も財産を失った。その後、登米郡や宮城県庁に務めて頭角を現し、1908年に登米郡長に就任した。

 郡内を流れる北上川の西側はおおむね平らで農地が広がる一方、大雨の際には点在する池沼があふれ洪水を繰り返した。治水事業は郡の大きな課題だった。
 中田沼の干拓は、卯内が郡長に就任する前に採択されていたが、総工費約15万円は現在の価値で30億円以上とも言われる。当時の郡発注工事では桁違いの額だったため、必要性を疑問視する住民もいたという。
 着工から2年目には大洪水が発生。住民からは「干拓工事は失敗」との声も上がった。卯内は大洪水を「絶好の機会」と捉えていた。沼周辺に船を浮かべて測量を徹底し、給水路や配管の位置を決めた。
 干拓工事は12年5月に完成した。約461ヘクタールの水田が生まれ、コメの収穫量は約1000トン、小作料だけで当時の貨幣価値で約8万4000円にも上った。

 当時、登米郡の主要地をつなぐ道路事情は悪く、鉄道の敷設を求める声が高まっていた。最大の問題だったのは鉄道敷地の購入費。卯内は中田沼開墾地収入から毎年1万円を支出、10年間で土地購入費の全額計10万円を寄付することを決めた。
 敷地買収の資金にめどが立ったことで計画は進み、21年に東北線瀬峰駅(栗原市)を起点として登米町(現登米市登米町)まで約29キロを結ぶ仙北鉄道が開通した。68年に廃線になるまで、地域の産業発展に大きく貢献した。
 本家筋に当たる半田淳子さん(67)=登米市迫町=宅には、卯内の写真など資料が残る。淳子さんは「子どもが生まれると名前を相談するなど、一家の支柱でもあったと聞いている」と話す。
 郷土史に詳しい市歴史博物館学芸員の小野寺智哉(としや)さん(44)は「卯内が手掛けたのは登米郡史の発刊や旧佐沼中(現佐沼高)寄宿舎建設など多岐にわたり、登米の近代化に大きな役割を果たした」と話す。(登米支局・宮崎伸一)

[メモ]半田卯内の功績をたたえ、住民有志が1936年、登米市迫町の鹿ケ城公園に胸像と石碑を建てた。胸像はブロンズ製だったため戦時中は軍に供出されたが、62年に再建された。卯内の孫・麟氏は「めしのはんだや」を運営する半田屋(仙台市青葉区)を創業したことでも知られる。

河北新報のメルマガ登録はこちら
みやぎ 先人の足跡

 私たちの暮らす現代社会の豊かさは、先人たちのたゆまぬ努力と強靱(きょうじん)な意志、優れた知性や感性などに支えられ、長い年月をかけて育まれてきた。宮城の地域社会に大きな影響を及ぼしてきた人々の足跡をたどり、これからの社会やおのおのの人生をより良くするヒントを学び取りたい。

先頭に戻る