FAQ

奥羽・羽越の2新幹線計画「整備妥当」 山形県、費用対効果の調査結果公表

 山形県は21日、政府の基本計画に位置付けられる奥羽新幹線(福島-秋田間、新設延長265・6キロ)、羽越新幹線(富山-青森間、486・1キロ)が整備計画の内容次第では費用対効果(B/C)が1を上回り、便益が事業費に勝るとの調査結果を明らかにした。

 山形県に事務局を置き、青森、秋田、福島、新潟、富山各…

残り 386文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る