閉じる

福島の川底から縄文期のケヤキ巨木 火砕流の爆風になぎ倒されたか

 5400年ほど前に福島県の奥会津であった噴火で倒れたとみられるケヤキの巨木が、同県三島町の建設会社で展示されている。町内を流れる大谷川の川底に埋もれている状態で見つかった。掘り出した関係者は縄文時代に奧会津に広がっていた豊かな森に思いをはせている。

 ケヤキは昨年5月、地元の木材利用活性化に向けて活…

残り 564文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ