仙台の大規模接種会場、7月から全県民対象に 6月28日予約開始

JR仙台駅東口の大規模接種会場「東北大(宮城県・仙台市)ワクチン接種センター」

 宮城県は25日、東北大や仙台市とJR仙台駅東口のヨドバシカメラ仙台第2ビル(仙台市宮城野区)に設置した新型コロナウイルスワクチン大規模会場の接種対象者を、7月1日から県内全市町村に広げると発表した。当初は7日に開始する計画だったが、予約システムの準備が整ったため前倒しした。

 電話予約を6月28日から受け付ける。受付時間は午前9時~午後6時(初日のみ正午から)。28日は7月1~9日の予約が可能。3日からはインターネット、通信アプリLINE(ライン)での予約も始める予定。

 仙台市民向けの予約も6月28日以降、県の予約方法に一本化する。

 モデルナ製のワクチンで18歳以上が対象。各市町村が配布する接種券を持参し、自力で来場できれば接種を受けられる。県の担当者は「2回目の接種が4週間後で、1回目接種と同じ曜日の同じ時間になることを踏まえて予約してほしい」と呼び掛けている。

 予約の電話窓口は(0570)003503。

宮城県の大規模会場予約サイト
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る