シェフ直伝 1日1組の料理教室 ホテルメトロポリタン仙台、巣ごもり需要に照準

一流シェフからプロの技を直接教えてもらえる料理教室のイメージ(ホテルメトロポリタン仙台提供)

 ホテルメトロポリタン仙台(仙台市青葉区)は28日、ホテルの一流シェフ直伝で料理作りを体験できる1日1組限定のサービスを始める。新型コロナウイルス禍で巣ごもりが続く中、自宅でも本場の味を再現して楽しんでもらおうと企画した。

 日本、フランス、中国料理の料理長6人が講師を務め、最上階21階にある厨房でプロの味を伝授する。コースごとに「旬魚と野菜の炊き合わせ」や「大エビのチリソース煮」などを調理。メニューは3カ月をめどに更新する。

 料理教室の後は同じ階の宴会場を貸し切り、利用者が作った料理とシェフの料理を合わせたコース料理を堪能できる。午前10時半スタートで、食事の時間を含め所要時間は約3時間。

 コロナ禍で仕事が減った料理人や空いた宴会場を有効活用するため、体験型商品を企画した。担当者は「和洋中それぞれ好みのコースを選べる。1組限定のため、感染防止対策に細心の注意を払える。料理が好きな方や苦手な方も、ホテルで本格料理を楽しんでほしい」と話す。

 2人一組で1人1万5000円。3人以上は1人1万2000円。希望日の7日前までに予約が必要。連絡先は宴会予約022(267)2245。

 7月15日以降は、ソムリエからワインの楽しみ方を学べるセミナーも定期的に開催する。連絡先はレストラン「セレニティ」022(267)2104。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る